2008年09月16日

翻訳せずして翻訳する

翻訳調の文章になる、ぎこちない表現になるなど、翻訳の問題にはいろいろあります。では、一体、なぜこうした翻訳の問題が出てくるかと言えば、それは、ずばり、「翻訳」するからです。

こう言ってしまえば元も子もないのですが、「翻訳」するから無理が出てくるのです。それは、どんな言語も同一ではなく、ましてや、日本語と英語などというと、それこそ正反対くらいの違いがあるため、そもそも「翻訳」して伝えようというところに無理があります。

じゃあ、どうすればいいのか?というと、答えは簡単で、翻訳しなければいいのです。

よく、英語学習においても、「英語を話すときには英語で考えろ」と言われます。まず、日本語で考えて、それを英語に訳しながら話していては時間がかかって会話にならないということですが、不自然な英語表現になってしまうということも言えると思います。

つまり、「翻訳」するのではなく、英語なら英語で最初からライティングする―ということが、自然な英語表現の第一歩なのです。「翻訳くささ」の臭いの元は「翻訳」というプロセス自体に自然的に発生するもので、臭いを元から断つには、翻訳しないのがベストだというわけです。

理想は、英語で情報発信したいと思う人がすべて、英語でライティングすればいいのですが、現実問題、なかなかそういうわけにはいきません。すべての人が英文を理解されているとは限りません。まして、ライティングができるという人も少ないと思われるからです。

そこで、第三者に英語に置き換えてもらう作業を依頼することになるのですが、このときに、「翻訳」ではなく、英文ライティングで作業をしてもらうということがひとつの解決策になるかと思います。つまり、あらかじめ日本語で書かれた情報を頭の中にインプットしたうえで、それを用いて、英語で考えながら英語で表現していくという作業を依頼するということになります。

しかし、翻訳会社さんなどにこういった依頼をすると、「まず翻訳してからライティングをしますので、料金がダブルになります」などと言われることもありますが、これではビジネスとしてはちょっとむずかしいですね。英語できちんと会話できる人は、「英語で考えて英語で話している」わけですから、英語できちんと文章をかけるはずの人であれば、「英語で考えて英語で書く」ということができるはずなのです。さらに言ってしまえば、ことさらに「ライティング」などという言葉を使うまでもなく、「翻訳」という業務はそれ自体、自然なライティングでなければならないと思っています。

もっとも、料金的にはA4の1ページ2000円などという料金ではここまでの作業はできません。現存の翻訳ソフトもまだまだ実用段階ではないため、自然な文章で書かれた翻訳ライティングは人間の創造的な頭脳を使って行う作業です。従って、技術革新で代用できる部分ではないので、昔20万円だったカラーテレビが今は数万円といったコストダウンはできないわけです。文章表現という点に絞って言うならば、「安かろう、悪かろう」というルールが明確に当てはまるというのが、翻訳ライティング業界でもあると考えています。

2008年09月18日

「クリエイティブ翻訳」にコストダウンはないのか

「めざせ!コスト半減」などのスローガンを掲げて、どの企業でも徹底したコスト管理が求められている厳しい世の中です。そんな状況にあって、「クリエイティブ翻訳」にはコストダウンを実施する余地はないのか、ということになります。

その疑問に対しては、コストダウンできる部分もあり、できない部分もある―としかお答えできないと思います。

どんな業務や作業にも「人間系」の部分と「機械系」の部分があります。「人間系」とは、言うまでもなく、創造性、独創性、感性、知性などを基にした人間が介在しなければできない部分で、ものづくりで言うならば「職人芸」なども含まれるでしょう。一方、機械系は、平準化・マニュアル化された単純作業の部分で、一定のトレーニングをもとに誰にでも同じようにできる(できなければならない)部分でもあります。

そして、当たり前のことですが、コストダウンという取り組みが実現しやすいのは、後者の「機械系」の部分です。この部分には、文字通り、先進技術を適用するなどの機械化ができるからです。しかし、人間系のコストダウンはそれほど簡単ではありません。

この人間系の部分を無理にでもコストダウンしようと思えば、@国外などにより安い人材を求める、A利益を度外視してやってもらう、という2つの方法が考えられますが、@は将来的に安定したやり方ではなく、国際間取引におけるリスクも伴います。また、Aはビジネスではなく、ボランティアになりますので、健全なビジネス関係が成立しません。

となると、いかにして、人間系から機械系へのルートを作り、そこに乗せるかということになってきます。

どんな業務や作業であれ、技術の発達とともに人間系の部分から機械系の部分への移行が進み、昔は人間が行っていたことがどんどん機械にもできるようになってきます。つまり、この人間系から機械系へ移行する過程においてコストダウンの大きな可能性があるわけです。しかし、同時に、人間が利用する商品やサービスである限り、コアとなる人間系もまったくゼロにはならないだろうとも思うのです。

ですから、人間系の部分を付加価値として、それなりにふさわしい対価をきちんと求める代わりに、コストダウンの可能な機械系の部分をいかに増やしていくかを人間系で考え、創意工夫していくのが企業努力であり、望ましいビジネスのやり方ではないかと思うのです。

話を戻しますと、「クリエイティブ翻訳」は大ざっぱな言い方をしますと、人間系の作業です。

しかし、人間の性格にも「○○型人間」といった分類やパターン化がある程度は可能です。創造性や感性のような数値化や定量化が不可能であると思われる部分であっても、そこには必ず、何らかの発想や思考のパターンもあると思うのです。その部分をうまく処理し、機械系へと移していくことでコストダウンの可能性が出てきます。そして、将来的に、ニューロコンピュータのような技術が可能になったとき、人間のクリエイティブな作業も限りなくコスト大幅削減への道を歩み始めるのではないかと思います。
posted by tuben at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コストダウン